困った時のろく頼み

おいらが動けないしばらくの合間に
やどろくさんに夢を託そうと思いまして。

しかしながら、ご本人の適性も分からないうちから
お金のかかりまくる児童劇団に入れるのもどうかと思い。

登録制の赤ちゃん事務所に入れました。

会員番号でログインするとオーディション情報が見れて
興味もあるものにエントリーできるというもの。

早速、条件を満たすものはエントリーしてみました所

書類審査。受かりました。2件中2件。
つまりは今の所100パーセントの書類通過率。

誰でもうかるものなのか・・・

その事務所は値段がリーズナブルなので
ママさん仲間でも思いで作りに登録している人もおおいのですが
聞いてみると書類通過もしていないという。

ヌナー!!やるな!やどろくさん。。。

そうして、オーディションに行ってまいりましたら
普段そうそうしないつかまり立ちをカメラ前でいきなり披露したり
母(おいら)にもあんまり見せない笑顔を振りまいてみたり、
母親役の人に抱かれて人見知りなど一切なくご満悦の表情を見せたり・・・

うーーーむ。嬉しいような複雑なような。。。。

そうして、人生で初めてのオーディションなのに。
他の事務所の子に打ち勝ち
結構な倍率を乗り越え合格しました。やどろくさん。

かと言って、親のおいらが言うのもなんですが
決して容姿端麗というわけでもないのです。(笑)

先日の「パパの気持ち大賞受賞」にしても
何か、不思議な運を持っているようです。やどろくさん。

おいらが苦労して苦労して生きてきた世界で
いとも簡単に仕事をしてしまうやどろくさんに
おいらは嬉しいような・・複雑な気持ちです。(苦笑)

こうなったら、森迫えいちゃんのように
稼げるキッズになって一軒家でも建ててもらいたいものです。ニンマリ。

そしてその強運で、先だって購入したサマージャンボでも当ててもらえないかと
半ば本気で思っているおいらです。笑

っていうか、情けない話
オーディション合格の秘訣を教えていただきたい(切実)笑

"困った時のろく頼み" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント